2021年5月2日日曜日

LinuxでWiFiがプチプチ切れる

タイトルの通り、LinuxでWiFiが割と頻繁に(数分〜数十分に1回程度)瞬断しています。今に始まった話ではなく、1年近く前からこの問題はありました。

環境を簡単にまとめると、

です。

2021年4月25日日曜日

Linux版ChromiumでGoogleスライドの表示が直った

先日の記事の続報です。

結論だけ言うと、Chromiumのバージョンを最新版の90.0.4430.72に上げたら遡らなくなりました。やっぱりChromiumの問題だったんですかね。

あと、スライドだけでなくドキュメントもちゃんと表示されるようになりました。めでたしめでたし。

2021年4月18日日曜日

Linux版ChromiumでGoogleスライドの表示がおかしい

久しぶりにGoogleスライドでプレゼン用のスライドを作ろうと思ったらわけのわからないことになっていました。

まあまずこれを見てくれや。Googleスライドで新規プレゼンテーションを作成して、Chromiumでそのまま開きました。一切加工はしていません。


単に文字が重なっているだけじゃなくて、化けているようにも見えます。

心なしか

遡るッ!

と言っているようにも見えるのは気のせいでしょうか(※気のせいです)

2021年4月11日日曜日

MySQL Workbench for Gentoo

MySQLのGUIツールとして、公式のMySQL Workbench(以下Workbench)を使っている人も多いと思います。Windows/macOS/Linuxに対応していて、何よりMySQLが公式で出しているという安心感がヤバいです。

そんなWorkbenchは以前まではGentoo Linuxの公式リポジトリーにも用意されていたので愛用していたんですが、公式リポジトリーから削除されてしまいました。Python2.7のサポート終了に伴い、3系列に対応しておらずしばらく更新されていなかったためだそうです。

ある日、Workbenchのバージョン8.0.23でPython3に対応したっぽい情報を仕入れました。しかしGentooの公式リポジトリーは音沙汰なし。仕方ないから自分でebuildファイルを作ってインストールして使っていました。

せっかく作ったんだし公式に導入してもらおうと思って先日pull requestを作ろうと思ったところ、いつの間にか公式に復活していました

公式が復活したならもはやオレオレリポジトリーを作る意味はない、ということでWorkbenchに振り回された数カ月間でした。特にオチはありません。

2021年4月4日日曜日

【朗報】Enpassがマジで落ちなくなった

今までこのブログでも何度か紹介してきたパスワード管理ツールのEnpassですが、Linux版では割と頻繁に落ちる不具合がありました。

以前調べたときはlibcurlの非同期名前解決を有効にするとマシになったんですが、それでも時々落ちていました。

そんなEnpassですが、2月ごろにリリースされた6.6.0で全く落ちなくなりました。今までは起動させた状態でしばらく何か作業をしているといつの間にか落ちていることがあったんですが、今では数日間起動させたままでも落ちません。やったね!

あとは日本語の翻訳がまともになれば完璧です。

ちなみに、一時期iOS版とMac版でDropboxの同期ができなくなる不具合がありました。ちょっと焦った。

2021年3月28日日曜日

Install SSH Key v2.3.0を公開しました

先日「近日中にまたバージョンアップ予定」という意味深な終わり方をしたInstall SSH Keyですが、予告通り新バージョンをリリースしました。

今回の変更点は2つです。

2021年3月21日日曜日

LinuxでPIXELA PIX-MT110を使う

以前LinuxでPIXELA PIX-MT100を使うという記事を書いたんですが、その後継記事です。

PIX-MT100の後継モデルとしてPIX-MT110があります。というより前回の記事を書いた時点ですでにMT110は発売されていました。無知って怖い。

今回のMT110は、MT100と違って公式に3キャリア対応を謳っています。前回の記事で書いたとおり、MT100でも実際は3キャリア使えたんですが、公式で謳っているほうが安心できますよね。

ちなみに今回の記事も前回同様Gentoo Linuxの話です。Ubuntuは多分そのまま動きます。試してませんが。