2020年2月23日日曜日

GitHub Enterprise Serverの管理が面倒だからGitHub Enterprise Cloudに移行したい人(企業)へ

先週「来週は違うネタを書く」って言ったやんけ!

ごめんなさい。やんごとなき事情により書けなくなりました。
大掛かりなイベントなので運営の方も最後まで決断を迷われたと思いますし個人的にもとても楽しみにしていたのですが、何かあってからでは遅いので賢明な判断だと思います。
発表スライドは大事に取っていますが、今回の発表内容はしばらく他のイベントで話しちゃダメだよと言われたのでまだ公表できません。

というわけで、急遽またGitHubネタでいきます。

GitHub Enterprise Server(以下GHES)とGitHub Enterprise Cloud(GHEC)の違いは去年の記事に書いたとおりで、一言でいうとGHES=オンプレ版、GHEC=クラウド版(https://github.com/)です。

この中で、GHESはオンプレだからサーバーをこちらで用意しないといけない、バックアップをこちら側で取らないといけない、GHECでは使える最新機能が少し遅れて入る(最近の例だとGitHub Actions)といった理由でGHECへの移行を検討している(あるいは最初からGHECの使用を検討している)企業は少なからずあると思います。

確かにGHECはサーバーの管理をGitHub社に完全おまかせ状態なので、サーバーの用意もバックアップも障害対応もアップデートもGitHub社が管理してくれるという点では超絶便利なんですが、運用面を何も考えずにGHECを使うとえらい目にあいます

安易に移行する前に、一度立ち止まって以下の内容を読んでみてください。GHECがダメだというつもりは全くありませんが、メリットしか見えていない状態で飛びつくとあとから苦労するよ、という話です。

「クラウド版はGitHub社にソースコードを預けることになるから云々」「github.comに障害が発生したら云々」みたいなクラウドあるあるではありません。

2020年2月16日日曜日

GitHub Actionsのバージョン指定をセマンティックバージョニングに対応する方法

去年の年末から先週まで8週連続くらいGitHub関連の話ですが、懲りずに9週目に突入します。
来週は違うネタを書く予定です。

GitHub Actionsで使いたいactionを指定する場合、そのバージョンも同時に指定する必要があります。
例えばCheckoutを使う場合、
- uses: actions/checkout@v2.0.0
のようにタグ名を指定します。

でも「特定のバージョンをピンポイントで使うんじゃなくて、互換性がある最新のバージョンを使いたい」という場合がありますよね。

ありますよね?

actionがセマンティックバージョニングに対応している場合、メジャーバージョンだけ指定したいといったような感じです。

でもGitHub Actionsはセマンティックバージョニングでのバージョン指定に今のところ対応していないので、擬似的に対応する方法の紹介です。

2020年2月9日日曜日

Install SSH Key action v2.0.0を公開しました

かねてよりこのブログで存在をにおわせていたInstall SSH Keyのv2.0.0がようやくリリースされました。

2020年2月2日日曜日

いつの間にかGitHub Actionsのバッジがブランチ指定に対応していた

今年に入ってGitHub Actions関連の記事しか書いていませんが、今回も懲りずに例のアレです。

内容はタイトルのまんまなんですが、確か前まではGitHub Actionsでつけられるバッジはデフォルトブランチの状態しか表示できなかったと記憶しているんですが、いつの間にか任意のブランチの状態を表示できるようになっていました。

2020年1月26日日曜日

開発中のGitHub ActionのテストをGitHub Actionsで行う

このタイトルを見て「あー、わかるわかる」と思った人はgit-flowやGitHub Flowなどの手順でGitHub Actionを自作したことがある人だと思います。

「え、普通にGitHub Actionsでテストできないの?」と思ったアナタ。最初は簡単だろうと思っていたんですが、意外と手こずったのでその顛末の記録です。

どちゃくそ紛らわしいですが、"GitHub Action"はGitHub Marketplaceにある個々のアクションのことを、"GitHub Actions"はCI/CDを自動化するGitHubの機能のことを指しています。
ここに"Use this GitHub Action with your project"と書いてあることと、GitHub Actionsの説明からして、多分公式でそういう扱いです。

ややこしいので、以下ではGitHub Actionを単にAction、GitHub ActionsをそのままGitHub Actionsと表記します。

2020年1月19日日曜日

Install SSH key action v1.6.0を公開しました

年末年始にひきつづき、Install SSH Keyの更新です。

他にネタがないわけではないんですが、リリース情報は早く出しておかないと古くなるので。

2020年1月12日日曜日

GitHub Actionsのカレントディレクトリーの扱いでハマった話

このブログでちょいちょいGitHub Actionsのことを書いているのですが、最近カレントディレクトリーの扱いでハマったのでメモがてら残しておきます。